ここから本文です

リオ五輪 女子トライアスロン上田藍・加藤友里恵が地元駅で抱負

レスポンス 7月20日(水)14時45分配信

千葉・稲毛の街からメダリストを。JR総武線 稲毛駅に7月18日、リオ五輪 女子トライアスロン日本代表の上田藍選手、加藤友里恵選手が登場。千葉市長やJR東日本千葉支社長、千葉ステーションビル社長らとともに、“地元駅”で意気込み、目標を語った。

[関連写真]

上田藍選手は1983年、京都出身。ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インターに所属し、現在は世界ランキング4位。千葉出身の加藤友里恵選手は1983年生まれ、千葉の城西国際大学を経て、ペリエ・グリーンタワー・稲毛インターに所属。2人とも稲毛駅から徒歩10分の稲毛インターナショナル トライアスロンクラブでトレーニングを積んでいる。

上田・加藤選手はこの日、ITU世界トライアスロンシリーズ・ハンブルグ大会から帰国したばかり。空港から直接、稲毛駅の壮行会に現場入り。同会では、主催者で2人をサポートする千葉ステーションビルの椿浩社長、JR東日本千葉支社 藤森伸一支社長、千葉市 熊谷俊人市長らが2人にエールを送り、上田選手、加藤選手がそれに続いて抱負や目標、“稲毛愛”を語った。

千葉ステーションビル 椿浩社長 「地元の人、地域の人といっしょに応援したい。そういう思いでこのイベントを企画した。トライアスロンという過酷な競技、上田選手も加藤選手も決して身体が大きいわけではないが、世界の強豪を相手に堂々と戦っている。みんなといっしょに応援して、上田選手、加藤選手、ともにメダルをこの地に持って帰られるよう、応援したい」

千葉市 熊谷俊人市長 「いよいよリオ五輪。4年前も、ちょうどこの場所でロンドンへと発つ上田選手を送り出した。今回、加藤選手もリオに出場する。千葉市も、稲毛の人たちもうれしく思っている。(2日前の)土曜日に、ドイツ・ハンブルグで行われた世界大会で7位に入賞。帰国後、空港からそのままこの稲毛駅に立ち寄ってくれた。所属するペリエ、グリーンタワー、稲毛インターと、千葉・稲毛のコンビネーションでずうっと応援し支えてきた2人の選手が、いよいよリオに向かう。8月20日がリオ五輪の女子トライアスロン。ぜひ、千葉市、稲毛の人たちで熱い応援を。稲毛からメダリストを」

JR東日本千葉支社 藤森伸一支社長 「2人の五輪出場選手を迎え、ここ稲毛駅に大勢の人たちが集まってくれたことをうれしく思う。上田選手は、北京、ロンドンと続き、3回めの五輪挑戦。加藤選手は初出場。山根英紀監督のもと、過酷なトレーニングを重ねてきている。稲毛、千葉、日本の星。思う存分、力を発揮して、メダルを手にし、笑顔で戻ってきてほしい」

上田藍選手 「ハンブルグ大会で7位に入賞できて、世界5大会連続で入賞し、世界ランクは4位まで上がってきた。コンディションはとてもいいので、きょうみなさんにさらにパワーをもらって、リオに向かたい。こんなに多くの人たちから応援、パワーをもらってうれしい。15年前の18歳のときに稲毛にきたときは、右も左もわからず、どうしようという想いばかりだったけど、多くの人に期待されているというのが、力になっている。しっかりとその期待に応えていきたい」

加藤友里恵選手 「初の五輪出場、うれしい気持ちとドキドキ・ワクワクという気持ちでいっぱい。こんなに多くの人たちにパワーをもらって、胸が熱くなっている。この気持をレースにぶつけて、上田選手と2人でいい報告ができるようにがんばりたい。『稲毛の街からメダリストを!』というメッセージのとおり、目指すからにはひとつでも上の順位を目指して戦っていきたい。スタートまでに最高のパフォーマンスを整えたい」

小さなコンコースがファンでごった返し、拍手が続いた稲毛駅。最後は、稲毛インターの山根英紀ヘッドコーチが抱負を語り、上田選手が“稲毛愛”をこう伝えた。

山根英紀ヘッドコーチ 「8月18日に男子、20日に女子が開催される。現地時間で11時、日本では夜中の11時にスタートとなる。深夜の観戦となるが、眠い中、起きていただいて生放送を見てほしい。トライアスロンはシドニー大会(2000年)から正式種目に採用された。五輪では、水泳が1.5キロ、バイクが40キロ、ランが10キロ、トータル51.5キロというディスタンス。2020東京五輪でもトライアスロンが正式競技に採用されている。2020東京へ向けても選手たちはがんばっている」

上田選手 「いまステージ上から見てると、いつもお腹が減ったときに行くレストランの人や、いっしょに走ってくれる人がいて、スーパーで買い物していると『上田選手ですか』と声をかけてもらったり。稲毛に育ててもらった。リオ五輪、8月20日は金メダルを目指して走る」

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月20日(水)17時25分

レスポンス