ここから本文です

Twitter、アカウント認証リクエストを立ち上げ

ITmedia ニュース 7月20日(水)6時32分配信

 米Twitterは7月19日(現地時間)、これまで一部の著名人や企業のみに提供してきた「認証アカウント」をより広範なユーザーが申請できるように、オンライン認証プロセスを立ち上げたと発表した。一定の条件を満たせば、誰でも青い認証バッジを表示できるようになる。

申請してみた

 認証バッジは、著名人のアカウントがなりすましでないことを証明するために同社が2009年に開始したサービス。申請するのではなく、Twitter側が著名人や組織に一方的に与えてきたものだ。現在18万7000件の認証アカウントがあるという(Twitterの3月末時点のMAUは3億1000万人)。

 誰でも認証をリクエストできるが、認証されるのは「公共の利益を目的としたアカウント」とされている。リクエストには以下の情報が必要だ。なお、情報をすべて満たせば必ず認証されるわけではなく、審査ではさらに活動分野での影響力について説明する必要がある。また、本人確認のために政府発行の身分証明書(パスポートや運転免許証など)の画像アップロードを求められることもある。

・認証済みの電話番号
・確認済みのメールアドレス
・自己紹介
・プロフィール画像
・誕生日(会社名、ブランド、または組織以外のアカウントの場合)
・ホームページ(Webサイト)
・ツイートのプライバシー設定でツイートが公開になっている

 上記の情報が不足していると、「このアカウントはレビューできません」と表示され、不足する情報を追加するよう促される。

 Twitterは、認証アカウントを申請しやすくした目的を「より多くのユーザーがフォローするための素晴らしい、高品質のアカウントを見つけられるように、また、クリエイターや影響力を持つ人が、より広範なオーディエンスと簡単につながれるようにすること」としている。

最終更新:7月20日(水)6時32分

ITmedia ニュース