ここから本文です

キスマイ玉森、コンプレックスを告白…

シネマトゥデイ 7月20日(水)19時3分配信

 Kis-My-Ft2の玉森裕太が20日、都内で行われた映画『キング・オブ・エジプト』の日本語吹き替え版公開アフレコイベントに永野芽郁とともに登場し、自身のコンプレックスを告白する一幕があった。

【写真】かわいすぎる永野…

 本作は、神々と人間が共存する古代エジプトを舞台に、盗賊の青年ベックが、恋人のザヤを救うために、様々な神々と繰り広げる戦いを描くSFファンタジー。

 主人公ベック役で声優に初めてチャレンジした玉森は、劇中に様々な能力を持つ神々が登場することに絡めて、どんな能力が欲しいかと問われると、「3つくらい出てきちゃいましたね。飛べるのも魅力的だし、走り方がコンプレックスなので、かっこよく走れる能力も、あればお願いしたいですね。あとは、テンションが高くなる能力。けっこう、僕は不愛想だと思われがちなので、そんなことはないんですけど、テンションが上がる能力が欲しいです」と話した。

 そんな玉森について、同じく吹き替え初挑戦となった永野は、「初めて会った時から優しかったです」とフォロー。続けて、「アフレコをやっている時も、玉森さんの声を聞いていたんですけど、ベックにしか聞こえないんです。ベックの声を聞いているから、わたし自身もザヤになれたという部分が大きかったので、本当に助かりました!」と絶賛する。これを受けて玉森は、「ぜひ、今の言葉を記事に」と記者陣にお願いして、会場を沸かせていた。

 また、自身のアフレコに対して玉森は、「何もかもが初というのもあり、特にアクションシーンは苦労しました」と吐露し、「息の使い方とか、リアクションとか、あまり普段は出さないような声だったので、自分の中で同じにならないよう気を付けてはいたんですけど、やっぱり難しかったですね」と振り返っていた。(取材・文:岸豊)

映画『キング・オブ・エジプト』は9月9日よりTOHOシネマズスカラ座ほか全国公開

最終更新:7月20日(水)19時40分

シネマトゥデイ