ここから本文です

COWCOW「内村てらす」でコンビの歴史を回想、多田の熱いギャグ論も

お笑いナタリー 7月20日(水)13時0分配信

明日7月21日(木)と翌週28日(木)深夜放送の「内村てらす」(日本テレビ系)では、COWCOWにスポットが当たり、彼らをよく知るゲストとして品川庄司・品川と佐久間一行が登場する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

COWCOWはバッファロー吾郎のネタを完コピしていたという高校時代、結成のきっかけ、上京後のつらかった時期を回想。また多田の衣装が伊勢丹の紙袋ふうである理由や、「R-1ぐらんぷり」の裏話などを明かす。そのほか、「あたりまえ体操」の歌と編曲を担当しているサウンドディレクター・樋口太陽を紹介するVTR、多田がギャグを熱く語るコーナーも。COWCOWの魅力に迫るオンエアをお楽しみに。

内村てらす
日本テレビ系 2016年7月21日(木)、7月28日(木)25:29~25:59<出演者>MC:内村光良サブMC:小熊美香(日本テレビアナウンサー)ゲスト:COWCOW / 品川庄司・品川 / 佐久間一行DJテラス:トレンディエンジェル斎藤

最終更新:7月20日(水)13時0分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。