ここから本文です

結婚するイジリー岡田に意外な支援者

東スポWeb 7月20日(水)16時42分配信

 タレントのイジリー岡田(51)が結婚することが19日、分かった。所属事務所によると、相手は14歳下のネイリストで、今月2日にハワイで挙式を先に済ませた。9月下旬に婚姻届を提出する予定。岡田は再婚で、女性は妊娠していない。

 約10年前、女性が勤務していた会社の忘年会の司会を務めたことから知り合い、2010年12月ごろから交際に発展。「高速ベロ」など下ネタの芸風とは違い、30回デートを重ねても告白できない真剣愛を貫いて約5年半の交際を経てゴールインとなった。

「イジリーといえば、1990年代のお色気バラエティー『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)でブレーク。“高速ベロ”など下ネタの芸風で人気になったが、根は本当にまじめ。実は周囲に“下ネタ嫌い”も明かしてきた。結婚を視野に入れていたイジリーは、エロキャラだと仕事のオファーが来なくなると、今後の生活も考え、下ネタ卒業も真剣に話していた」(テレビ局関係者)

 だが、この時は出川哲朗(52)らの助言などで下ネタ卒業を思いとどまったという。そんなイジリーを援護射撃したのは、AKB48グループや乃木坂46、欅坂46を手掛ける秋元康総合プロデューサー(58)だった。

「下ネタイメージの強いイジリーですが、秋元氏の熱烈オファーで『週刊AKB』(テレ東系)、『AKBINGO!』(日本テレビ系)などで、AKB48と共演。乃木坂46の冠番組『NOGIBINGO!』(日テレ系)では司会にまで抜てきされた。イジリーも『エロをやってきた俺を秋元さんが許してくれるなんて…』と感謝している。もともと『司会をしたい』と口にしていた人でしたから」(前同)

 ちなみに芸名「イジリー」はもともとは下ネタの意味合いではなく、アイドルイベントの司会をしていた時代に「客イジリがうまい」ことから名づけられたという。

最終更新:7月20日(水)16時42分

東スポWeb