ここから本文です

韓国政府、北の乱数放送再開を受け「誠に遺憾」

WoW!Korea 7月20日(水)14時24分配信

北朝鮮が、工作員指令用の乱数放送を16年ぶりに再開したことを受け、韓国政府は「誠に遺憾である」との立場を明かした。

 チョン・ジュンヒョク統一部報道官は20日、定例ブリーフィングを通して「長い期間、自制されてきた乱数放送が再開されたことについて、誠に遺憾に思う」とし、「北朝鮮が旧態依然とした態度を早急に改め、南北の発展に寄与する行動をとるよう要求する」と述べた。

 また、乱数放送再開は指令を受ける工作員(スパイ)が存在するとのことを意味する、という一部主張についてチョン報道官は「あらゆる意図を公開的な場で断定的に述べるのは適切ではない」とし、明言を避けた。

 これを前に、北朝鮮は去る15日、対南(対韓国)ラジオ放送を通して工作員へ指令を下す乱数放送を再開したと明かした。これは、去る2000年の第1回南北首脳会談以降、16年ぶりとなる。

最終更新:7月20日(水)14時24分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。