ここから本文です

昭和九年会の藤村俊二「寂しい限り…」 巨泉さん偲ぶ

デイリースポーツ 7月20日(水)11時51分配信

 12日に急性呼吸不全のため82歳で亡くなった大橋巨泉さんは、昭和九年生まれ。この年に生まれた芸能人が中心となって結成された「昭和九年会」の藤村俊二が追悼コメントを発表し「また一人、大切な仲間が天国に行ってしまって寂しい限りです」と、仲間の死を悼んだ。

 最近の昭和九年会では、発起人の一人といわれる長門裕之さん、坂上二郎さんが2011年に死去。昨年は愛川欽也さんも亡くなっている。今回、巨泉さんも亡くなり、存命メンバーの悲しみもひとしおのようだ。

最終更新:7月20日(水)12時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。