ここから本文です

龍谷大平安が敗れる 甲子園春夏通算100勝はお預けに

デイリースポーツ 7月20日(水)12時13分配信

 「高校野球京都大会・4回戦 福知山成美3-2龍谷大平安」(20日・わかさスタジアム京都)

 センバツ4強の龍谷大平安が逆転で敗れ、あと1勝に迫っていた甲子園春夏通算100勝は来年以降に持ち越しとなった。

 原田英彦監督は大きなため息をつきながら「自滅ですよね」と語気を強めた。1点リードの五回、暴投で三塁を回った走者がつまずき、捕手からの送球でタッチアウト。本来なら1死三塁の状況が2死走者無しとなり、直後の守備では先頭打者の左前打を左翼・岡田悠希外野手(2年)がまさかのトンネル。無死三塁となり、犠牲フライで同点に追いつかれた。

 八回には「一番、警戒しないといけないバッターだとミーティングで言っていたが…(バッテリーは)抜け落ちていた」と、福知山成美の笹原大虎内野手(3年)にカウントを取りに行った変化球を右翼席へ運ばれ勝ち越しを許した。最終回も無死一塁から痛恨の送りバント失敗で万事休す。「とんでもない走塁、とんでもないミスが出る。ベンチから試合を動かそうとしても、流れを自分たちで手放してしまった」と原田監督は悔やむ。

 三回に2死一、二塁からエンドランを仕掛け、勝ち越し点をもぎとった。それでも“次の1点”が奪えず、主導権を引き寄せられなかった龍谷大平安。主将の市岡奏馬投手(3年)は「勝つことの難しさを感じました…」と大粒の涙を流した。

最終更新:7月20日(水)12時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。