ここから本文です

FBの美女はスパイかも… 多様化する北朝鮮のサイバー攻撃

聯合ニュース 7月20日(水)15時36分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国インターネット振興院のシン・デギュ侵害事故分析団長は20日、ソウル東部地検でサイバーテロの動向に関する特講を開き、多様化する北朝鮮のサイバー攻撃手法を説明した。

 シン氏によると、交流サイト「フェイスブック」などに美女の写真を掲載して韓国の政府や公共機関職員に接近し、オンラインで親しくなった上で内部資料を要求するという北朝鮮のサイバー攻撃が先ごろ確認された。

 北朝鮮のサイバーテロには三つ以上の組織が関わっているとみられ、最近ではこれらの組織が力を合わせて大規模攻撃を企画、実行するようになっているという。

 シン氏は、北朝鮮は外部から大量のデータを送り付ける「DDoS(ディードス)攻撃」を行っていないときでも、韓国の主要機関や要人に対しては地道にサイバー攻撃を仕掛けていると説明。「北の手法は急速に多様化し、精巧になっている」と述べ、サイバーセキュリティーの重要性を訴えた。

最終更新:7月20日(水)16時33分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。