ここから本文です

九州オートポリス、10月1日に営業再開…地震から約半年での復活へ

レスポンス 7月20日(水)19時15分配信

大分県のサーキット「オートポリス」と、「スーパー耐久シリーズ」(S耐)が19日に連名のリリースを発行し、10月1日のオートポリス営業再開が決まったことと、11月19~20日のS耐最終戦が予定通りオートポリスにて開催されることを報告した。

[関連写真]

4月に九州地方を襲った地震により、熊本県に近い立地にあるオートポリスも被害を受けるなどした。10月1日の営業再開を目指して復旧作業が進められていることはかねてより伝えられていたが、今般、それが正式決定したかたちとなる。

4輪ビッグレースに関しては、既に5月開催予定だったSUPER GT、そして9月の予定だったスーパーフォーミュラが時期的に開催不可能でそれぞれ中止となり、代替開催についても決定済み。あとは11月19~20日開催予定のS耐がどうなるか、というところだったが、オートポリスはS耐のシリーズ運営団体「スーパー耐久機構」とともに「予定通り開催」の旨を発表した。

S耐では参戦全マシンに「気持ちは九州へ。」のステッカーを貼ったり、チームや観客からの義援金を大分県に送り届けるなどの貢献活動もしてきている。この義援金活動は9月4日の第4戦(富士スピードウェイ)以降も継続されるとのことだ。S耐以外のシリーズや関連団体等も九州を積極的に支援中であり、これらの活動も実っての営業再開決定となった。

状況を考えれば、地震から約半年での再開は素晴らしく早いものといっていいだろう。例年夏にはSUPER GTやスーパーフォーミュラの次年度開催予定が明らかにされるが、2017年の日程にもオートポリスの名がいつも通り載っていることを期待したいし、それが期待され得る状況になってきたということはできそうだ。

今季のS耐最終戦は、九州地方のモータースポーツの中心地であるオートポリスの復活(健在)を宣言する大会ともなる。

《レスポンス 遠藤俊幸》

最終更新:7月20日(水)19時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]