ここから本文です

「BEATWIN」、ミニアルバム「COME TO ME」で韓国歌謡界にカムバック! 来日公演も決定! 

WoW!Korea 7月20日(水)15時54分配信

7月19日、5人組ボーイズグループ「BEATWIN(ビートウィン)」が、2ndミニアルバム「COME TO ME」で韓国歌謡界にカムバックした。

【画像】カムバックショーケースを開催した「BEATWIN」

 リード曲「ニ ヨジャチング(Your Girl)」は、友達の彼女に惚れてしまい、彼女を奪ってしまいたいというエゴイスティックな恋を歌った曲。中毒性のあるメロディとセクシーな歌声でその魅力を演出、今までとは違ったセクシーな男たちに変身した「BEATWIN」の姿を見ることができる。

 そして、彼らの来日も決定。 8月28日、原宿クエストホールでサマーライブを開催する。サマーライブでは、新曲はもちろん、ファンからのリクエスト曲など、みんなが一緒に歌って踊って楽しめる、夏の暑さに負けない熱いライブを届ける予定だ。また、公演チケットを購入したファンクラブ会員の中から抽選で5名を公演後のミート&グリートに招待。公演後の乾杯や写真撮影、動画撮影、おしゃべりなど、メンバーと目と目を合わせて楽しめるドキドキの時間を体験できるチャンスも。

 さらに前日も「BEATWIN」尽くし。「BEATWIN 夏祭り~キミと一緒に過ごすひと夏の思い出~」と題し、ソロステージや触れ合いトーク、シャッフルステージなどなど、メンバー一人ひとりの魅力を十分に堪能できるイベントを開催する。

最終更新:7月20日(水)15時54分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。