ここから本文です

JAFが高温になった車内温度を早く下げる方法を検証 「窓を開けて走ってからエアコンをつける」がベスト

ねとらぼ 7月20日(水)12時49分配信

 JAFは、長時間太陽にさらされて高温になった車内温度を早く下げる方法を検証。その結果をWeb上に公開しています。

【グラフを見ると、「ドア開閉」が意外な健闘を見せています】

 同じ車を5台用意し、車内温度が55℃になったタイミングでそれぞれ違う方法で温度低下に挑戦し、検証したもの。温度を下げる方法は「ドアを5回開閉し熱気を逃がす」「冷却スプレーをシートに10秒吹きかける」「エアコンで外気導入」「エアコンで内気循環」「窓をあけて走行してからエアコンをつける」の5通りです。

 検証の結果、「窓を開けて走行してからエアコンをつける」方法が最も早く車内温度を下げることができました。やはりエアコンが最強か……と考えてしまいますが、公開されているグラフを確認すると、窓を閉めてエアコンつけるよりもドアを5回開閉し熱気を逃がす方が温度の下がるスピードは早くなっており、“車内を冷やすこと”よりも“車内の熱気を逃がすこと”の方が効果的なケースもあるようです。

 なお、車内温度が下がっていても、チャイルドシートの表面やベルトの金具などによってやけどを負う事例もあるとのことなのでご注意を!

最終更新:7月20日(水)12時49分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]