ここから本文です

間寛平 巨泉さんしのぶ「いつも明るくて自由な人だった」

東スポWeb 7月20日(水)17時46分配信

 お笑いタレント・間寛平(67)が20日、大阪市内で行われた自身が旗揚げしたお笑い劇団「劇団間座」の記者会見に出席。12日に亡くなった故大橋巨泉さん(享年82)さんについてコメントした。

 巨泉さんとバラエティー番組で共演したことがあるといい「今日知ってびっくりしました。がんで6回も手術したんですね。いつも明るくて自由な人でした」。続けて「笑いが今と違って大変な時代に世間の僕らを癒やしていて、すごいのひと言。今の時代に置き換えてもテンポがいいし、素晴らしい司会者だった」と故人をしのんだ。

「劇団間座」は、間が「仕事がない若手芸人に活躍の場を与えたい」との思いで旗揚げを決意。プロ・アマを問わず劇団員を募集し、12月24~25日に「HEP HALL」(大阪市北区)で旗揚げ公演を行う。四季折々の「虫」をテーマにしたミュージカル舞台になるといい、「ノンスタイル」石田彰(36)が脚本を務める。

 この日は間の誕生日。「劇団間座」のロゴが書かれたケーキを石田からプレゼントされ「僕もこんな年やから、これからは若手のため、人のために尽くします」と意気込んだ。

最終更新:7月20日(水)17時46分

東スポWeb