ここから本文です

京都広学館・高津佐監督に生徒が2年越しの誕生日星をプレゼント

デイリースポーツ 7月20日(水)15時20分配信

 「高校野球京都大会・4回戦 京都広学館8-6乙訓」(20日、わかさスタジアム京都)

 京都広学館が乙訓の猛追を振り切り、3年ぶりにベスト8へ進出した。高津佐宗克監督(52)はこの日が誕生日で、昨年は同日に京都工にサヨナラ負け。「白星をプレゼントします!」と試合前に約束していた前野祐輝外野手(3年)がリリーフで好投し、うれしい白星を指揮官にプレゼントした。

 イヤな記憶が指揮官の頭をよぎった。四回までに8-0の大量リード。「どこかの決勝で8-0から逆転されたこともあったし、選手には気を抜かないように言ってたんですが…」と六回から相手の猛攻が始まった。

 コールド勝ち寸前からたちまち2点差に。昨夏、7月20日に京都工との一戦でまさかのサヨナラ負けを喫した。その時の苦い思い出がよみがえる展開に。しかし、ここでチームの窮地を救ったのが試合前に約束を交わした前野だった。

 力のある直球を主体に七回のピンチを断ち切ると、八回は3者連続三振。九回も安打こそ許したが、きっちりと後続を仕留め「白星をプレゼントできてうれしいです」と言う。

 前野は昨夏も3番・中堅で試合に出場していた。「去年、監督はけっこう落ち込んでいた。白星をプレゼントできてうれしい」と2年越しの“誕生日プレゼント”に満面の笑みを浮かべる。

 将来は体育教師、高校野球の指導者を目指しており「監督さんはちょっと怖いですけど、尊敬できる人。教え方がすごく分かりやすい。野球が好きなので、指導者になりたいと思っています」と前野。同校の最高成績は3年前の4強。「そこまで勝ち上がりたい」と力を込めた。

最終更新:7月20日(水)15時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]