ここから本文です

【ボート】上條「まずは水神祭」住之江G1はグランプリ級メンバー

デイリースポーツ 7月20日(水)17時23分配信

 夏の陣は絶好調の若武者を狙え!開設60周年記念「G1・太閤賞」が26日から31日まで、大阪市のボートレース住之江で開催される。このPRのため、大阪府都市競艇企業団の畑澤実事務局長ら関係者が20日、大阪支部の上條暢嵩選手とともに大阪市のデイリースポーツを訪れた。

 Wドリーム戦の1号艇は初日が松井繁、2日目が田中信一郎と地元の大エースが鎮座。遠征組も山崎智也、瓜生正義など超一流が集う。畑澤事務局長は「ナイターの太閤賞になりますが、売り上げ目標は56億円。上條選手はG1初出場ですが、風穴を開けてほしい」と活躍を期待した。

 ハッパをかけられた上條は売り出し中の22歳。6月に住之江で初Vを飾ると、常滑で連覇、G3・イースタンヤングで準優勝と絶好調モードでの参戦となる。「この流れのままいきたい。まずは水神祭が目標。このメンバーでも緊張はないですし、レースでは何があるか分からない。若手らしいレースをしたいです」と、さわやかに意気込みを語った。

最終更新:7月20日(水)19時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]