ここから本文です

吉野家、「デジタルボトルキープ」開始 スマホに仮想マイボトル、「ちょい飲み」お得に

ITmedia ビジネスオンライン 7月20日(水)17時48分配信

 吉野家は7月20日、スマートフォンを活用した「デジタルボトルキープ」を全国540店で始めた。ビールや焼酎などの“仮想マイボトル”を購入し、店舗でお得に飲めるという「吉呑み」の新サービスだ。

【片手にビールを持つ河村泰貴社長】

 同日リリースした公式アプリ「吉野家アプリ」かWebサイトから利用できる。ビールは通常3500円分(生ビール10杯分)を3000円で、焼酎は通常3000円分(10杯分)を2500円で購入でき、仮想の“マイボトル”としてキープ。ボトルの容量分を店舗で飲むことができる仕組みだ。

 仮想マイボトルは対象店舗では共通して利用可能。残量をスマホ上で随時確認できる。ボトルキープの有効期限は6カ月。

 吉野家は、牛丼店で酒類と居酒屋的なメニューを提供する「吉呑み」サービスを拡大しており、お得に飲める新サービスで「ちょい飲み」需要の取り込みを強化したい考えだ。

最終更新:7月20日(水)19時12分

ITmedia ビジネスオンライン