ここから本文です

愛之助 挙式は神式、ド派手婚報道は否定「僕らもビックリ」

デイリースポーツ 7月20日(水)18時29分配信

 今年3月に女優・藤原紀香(45)と結婚した、歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が20日、大阪市内で行われたデザイナー桂由美氏のブライダルファッションショーにモデルとして出演した。

 9月に予定している挙式本番を前に、新郎のブルーの洋装や、裃風の和風衣装をまとい、花嫁役のモデルとともにランウェイを歩いて“予行演習”。「普段の歌舞伎の花道と違って、ドキドキ緊張しました」と笑顔で感想を語った。

 終了後に取材に応じ、披露宴は9月28日に東京都内のホテルで行うが、挙式は「別の日に神式で和風になります」と明かした。

 一部で披露宴がド派手婚になると報じられていることを問われると「もうね、僕らもビックリ。誰が言うてるんですかね」と苦笑い。「来ていただいても、そんなに派手にはしませんよ。妻を紹介するという形のものですから、なんだこれは!?という変わったことはしません」と“地味婚”になることを明かし、ドライアイス演出なども「残念ながら、そういうのはございませんね」と語った。

 互いに多忙のため、最近になってようやく招待状を送ったという。ショーを見て、妻に着せたい衣装はあったかと問われると「ザ!ドレス!みたいなのが素敵でしたね」と話していた。

 ショーでは、新婚生活について聞かれ「はい、幸せです。(現在、紀香は)ミュージカルの公演中ですが、帰ってきて(食事を)作ってくれますね。基本的に歌舞伎の仕事以外の時に、仕事を入れてくれているようです」と明かしていた。

最終更新:7月20日(水)20時6分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。