ここから本文です

チャック・ウィルソン 巨泉さん追悼「大きな喧嘩しましたが」

デイリースポーツ 7月20日(水)18時40分配信

 タレントの大橋巨泉さん(享年82)が12日に亡くなったことを受け、巨泉さんが司会を務めた人気番組MBS・TBS系「世界まるごとHOWマッチ」(1983年~)にレギュラー解答者として出演していた外国人タレントで、スポーツインストラクターのチャック・ウィルソン(69)が追悼コメントを寄せた。

 柔道6段、パワーリフティングで輝かしい記録保持者であるチャックは、ごつい体格に似合わず、安い金額ばかりを提示。巨泉さんからは「ケチャック」(ケチなチャックの意味)と呼ばれ、人気者となった。たまに高い金額で解答すると、「もうケチャックとは言わせない」と茶化されるほどだった。巨泉さんとのやりとりは番組名物となった。

 チャックは「6年ほど番組で共演させて頂きました」と振り返り、「昔話ですが、大きな喧嘩をしたこともありましたが、外国人の僕がタレントとして仕事ができたのは巨泉さんのおかげだと感謝しているし尊敬しています」と外国人タレントとしての自分を育ててくれた巨泉さんに感謝。

 その中でも「大きな喧嘩をしたこともありましたが」と巨泉さんらしい、チャックらしいエピソードも明かした。

 演出家として、出演者として戦後のテレビ界で圧倒的な存在感と発言力を持った“テレビのプロ”巨泉さん。チャックは「戦後の芸能界の柱だったと思います。お悔やみ申し上げます」と追悼した。

 チャックは70年、同志社大学に柔道留学したことがきっかけで日本へ。78年に日本にエアロビクスを紹介した人物として知られ、公式サイトによると、柔道で全米オリンピック候補選手に選ばれたことも。82年には関東相撲大会敢闘賞を受賞。90年には全日本パワーリフティング大会110キロ級で優勝した。日本のフィットネス業界で40年以上活躍している。

 巨泉さんは出演者にニックネームをつけるのが得意で、「クイズダービー」の出演者だった竹下景子に「三択の女王」、黒鉄ヒロシさんに「裏切りたぬき」、はらたいらさんに「宇宙人」と名付けた。竹下は「(巨泉さんに)与えられたキャラクターを皆楽しく懸命につとめました」と振り返っている。

最終更新:7月20日(水)19時44分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。