ここから本文です

夏休み中、安全に遊ぶように―― 一部の学校でポケモンGOに関する生徒指導が開始

ねとらぼ 7月20日(水)18時4分配信

 本日7月20日、多くの学校が一学期の終業式を迎えました。Twitterユーザーのつたーさんの弟さんは、学校から「ポケモンGO」のプレイについて指導するプリントを渡されてきたそうです。いよいよ教育機関も、海外における同作の熱狂を見過ごせなくなってきた?

【学校で配られたプリント】

 プリントは、近日中配信とされている同作の内容と、先行配信された海外で起きている問題について概説。保護者に向けて、「まず家族一緒に自宅で試し、楽しさとともに危険性に気づかせる」「外で遊ぶ場合も、最初は家族が同伴する」といった提案がなされています。さらに子どもが約束を守れそうだと判断した場合でも、下記の条件を確認するよう注意を喚起しています。

・道路やさみしい所など危険な場所で遊ばない
・歩きながら操作しない
・水分補給に気をつける
・人の迷惑になる場所で遊ばない

 このような指導を、終業式で通達する学校もあったもよう。Twitterでは、生徒指導教諭がポケモンGOについて言及していたという報告が散見されます。同作に批判的な論調もあれば、自ら「ポケモンGOやりたい」と発言する教員もいたそうです。

 一連の指導は、教育委員会主導で組織的になされたものなのでしょうか。編集部が東京都教育庁に問い合わせたところ、「東京都の教育委員会では、SNS全般の取り扱いといった大枠での指導はしているが、特定の一企業の製品に関する指導はしていない」との回答。Twitterで見られた指導は、各現場の判断で行われたようです。

 情報が錯綜しているものの、ポケモンGOは今夏中には配信されると思われます。子どもたちが事故などに遭わないよう、安全に配慮して楽しい夏休みを過ごすことを願います。

最終更新:7月20日(水)18時8分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]