ここから本文です

キネ旬が選ぶ期待の男優50人に菅田将暉、神木隆之介、窪田正孝、山田涼介、岩田剛典

映画ナタリー 7月20日(水)19時45分配信

キネマ旬報が“スクリーンで逢いたい、若手俳優”100人を選定。本日7月20日発売のキネマ旬報8月上旬号にて、“男優篇”50人とその選評が発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、30歳未満の俳優の中から、今後映画界で活躍が期待される若手俳優を男女50人ずつ選出したもの。50人の映画評論家や映画ライターらが男女各5人の俳優を挙げたアンケートと、キネマ旬報読者およびウェブサイト・KINENOTEでのリクエストをもとに決定した。

8月上旬号の表紙と巻頭グラビアインタビューに登場したのは、「溺れるナイフ」「デスノート Light up the NEW world」などの公開を控える菅田将暉。さらに柳楽優弥、神木隆之介、坂口健太郎、太賀、村上虹郎、清水尋也のグラビアとインタビューも掲載される。

そのほか誌面では、映画評論家の選評をすべて公開。「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の岩田剛典(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)や「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」の窪田正孝、「オオカミ少女と黒王子」の山崎賢人、「秘密 THE TOP SECRET」の岡田将生と松坂桃李、「ちはやふる」の野村周平と真剣佑、「ディストラクション・ベイビーズ」の村上虹郎と北村匠海(DISH//)の名が挙がっている。ジャニーズ勢からは、ジャニーズWESTの重岡大毅、Sexy Zoneの中島健人、Hey! Say! JUMPの中島裕翔と山田涼介が選ばれた。

全50人のリストは下記に掲載中。なお“女優篇”50人と選評は8月5日発売のキネマ旬報8月下旬号にて発表となる。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

キネマ旬報が選ぶ スクリーンで逢いたい、若手俳優 男優篇
池松壮亮 / 岩田剛典 / 柄本佑 / 岡田将生 / 岡山天音 / 落合モトキ / 賀来賢人 / 神木隆之介 / 北村匠海 / 窪田正孝 / 健太郎 / 高良健吾 / 小関裕太 / 坂口健太郎 / 佐藤健 / 重岡大毅 / 志尊淳 / 清水尋也 / 須賀健太 / 菅田将暉 / 染谷将太 / 太賀 / 高杉真宙 / 千葉雄大 / 中川大志 / 中島健人 / 中島裕翔 / 永山絢斗 / 野村周平 / 濱田岳 / 林遣都 / 東出昌大 / 福士蒼汰 / 古川雄輝 / 本郷奏多 / 真剣佑 / 松坂桃李 / 三浦春馬 / 村上虹郎 / 望月歩 / 森岡龍 / 森永悠希 / 柳楽優弥 / 山崎賢人 / 山田涼介 / 矢本悠馬 / 吉沢亮 / 吉村界人 / 竜星涼 / 若葉竜也

最終更新:7月20日(水)19時45分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。