ここから本文です

「投票してくだちい」 GANTZのセクシーな扉絵を決める投票企画がスタート

ねとらぼ 7月20日(水)18時11分配信

 10月14日にフル3DCG映画「GANTZ:O(ガンツ:オー)」の上映を控えているGANTZですが、映画公開に負けず劣らずの熱い企画が総合公式サイト「GANTZ:X」でスタートしています。その名も、セクシーな扉絵No.1を決める投票企画「GANTZ:H」。名称ストレートすぎやしませんかね。

【各巻のお色気度=「GANTZ:H濃度」も掲載】

 同企画では、集英社文庫版の原作1~13巻(14巻以降はセクシーな扉絵がないため除外)の中から、「GANTZ調査班」なる人たちが厳選した扉絵(各巻最大4枚)を対象にファン投票を実施。7月26日にかけて予選を行い、8月3日に開催されるイベント「GANTZ:O NIGHT ~@hiroya_oku SHIBUYA Mission~」の中で各巻の1位が発表。その後、同ページで決勝を行い、真のNo.1を決定します。同イベントはニコ生でも配信予定。

 公式サイトのTwitterアカウントによると、「正直な話、GANTZ:X史上もっとも盛り上がっています」とのこと。「このあとまさかの展開も」とも書かれており、何が行われるのか気になります。

 また、13巻までを対象にGANTZ調査班が調べ上げた「GANTZ:H濃度」(最大300%)も掲載。それによると、多恵ちゃんのお色気シーンがある5巻と、扉絵で独創的なガンツスーツコスプレが見られるという6巻がMAXの300%に。一方で、H濃度は後半になるにつれ薄れ、12巻ではぬらりひょんの女体変化にお色気を求めるちょっと悲しい結果となっています。調査班の中に桑原和男でもいるのでしょうか。

最終更新:7月20日(水)18時11分

ねとらぼ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。