ここから本文です

【中京記念】ダッシングブレイズ サマーシリーズ優勝は眼中になし…視線の先には秋のGI

東スポWeb 7月20日(水)22時10分配信

【中京記念(日曜=24日、中京芝1600メートル)栗東発トレセン秘話】サマーマイルシリーズがGIII中京記念で新たにスタートするが、サマースプリント、サマー2000に続く、この第3のシリーズ戦を“おいしいサーキット”とみる関係者は少なくない。

 全6戦のサマースプリント、全5戦のサマー2000シリーズでチャンピオンになるには、最低限1勝すると同時に、複数のレースで上位着順にくることが必要とされるのに対して、全3戦のこのサマーマイルシリーズは1勝すれば即有力候補となり、残りの2戦は無事に完走するだけでチャンピオンになれる可能性が十分にあるのだ。実際、過去4年のうち2回は優勝のための最低必要ポイントである12ポイントで優勝馬が決まっている。

 だからなのか、中京記念にエントリーしてきた有力馬はダノンリバティやピークトラムなど、シリーズを明確に狙ってきた陣営がほとんどだ。

 そんな中、「サマーマイルシリーズ優勝? そこは全く考えてません」と言い切ったのがダッシングブレイズを送り込む吉村調教師。シリーズ出走が1走のみの馬には、たとえそのレースに勝ったとしても、シリーズVの権利はない。目の前にちらつく優勝ボーナス3000万円というビッグマネーに見向きもしない姿勢は実に潔いではないか。

「本来なら夏場に使うような馬ではないですからね。ここでいい競馬ができれば、ひと息入れて秋からまた重賞を狙っていく形になるでしょう。その先にG�もあるわけですから」

 吉村調教師が言わんとしているのは、ダッシングブレイズは夏のローカル回りで稼ぐような馬ではなく、GIへとつながる王道路線を進むべき馬ということだ。

「前走(京王杯SC=4着)は、かなり上がりの速い競馬になるなか、最後までしっかりいい脚を使えていた。全5勝を挙げているマイルになるのはもちろんプラスだし、重い馬場でも勝っている馬だから、最終週で時計のかかる中京マイルなんてピッタリじゃないかな」(吉村調教師)

 サマーマイルシリーズを見据えていないということは、この中京記念へのメイチ仕上げも可能となる。当コラムでも何度となく取り上げてきたこのダッシングブレイズ、今度こそ重賞タイトルを獲得してほしいものである。

最終更新:7月20日(水)22時10分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]