ここから本文です

1軍復帰の広島・大瀬良、3回7安打4失点KO 287日ぶりの1軍マウンド飾れず

デイリースポーツ 7月20日(水)18時42分配信

 「広島-中日」(20日、マツダスタジアム)

 「右肘内側側副靱帯(じんたい)の部分損傷」で2軍調整を行っていた広島の大瀬良大地投手(25)が、復帰登板で3回を7安打4失点KO。全69球、直球の最速は142キロにとどまり、無念の早期降板となった。

 昨年10月7日の中日戦(マツダ)以来、実に287日ぶりのマウンド。初回、大島に先頭打者本塁打を浴びるなど、いきなり2点を失った。初球は外角高め136キロの直球でストライク。だが追い込んでからの5球目、内寄りのカットボールを、右翼席に運ばれた。 続くエルナンデスの中前に抜けそうな打球は、二塁・菊池が横っ飛びの好捕でアウトにした。続く平田に左前打を浴びると、二ゴロと四球を挟んで2死一、二塁。福田に直球を右前に運ばれ、2点目を失った。堂上は二飛に打ち取ってピンチを脱したが、苦しい立ち上がりとなった。

 中継ぎで3失点を喫し、涙に暮れた昨年10月7日以来のマウンド。二回には2死から大島、エルナンデスの連打で失点。続く三回も2死から福田、堂上の連打で失点した。7月20日は「炎のストッパー」として活躍した津田恒美氏の命日。背番号14を受け継ぐ男の復帰マウンドは、悔しい結果に終わった。

最終更新:7月20日(水)19時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]