ここから本文です

広島・下水流が反撃の適時打「思い切って振った」

デイリースポーツ 7月20日(水)19時36分配信

 「広島-中日」(20日、マツダスタジアム)

 広島が二回、下水流昂外野手(28)の左翼線適時二塁打で1点を返した。

 3点ビハインド。1死から新井が右前打で出塁すると、鈴木の中飛後に下水流が打席に立った。フルカウントから7球目、真ん中低めの直球をはじき返した。打球は左翼線を襲う適時二塁打。出場2試合ぶりの安打で、同3試合ぶりの適時打。「打ったのはストレート。追い込まれていましたが、焦らず思い切っていきました」と振り返った。

最終更新:7月20日(水)19時46分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)