ここから本文です

阪神・青柳、六回途中4失点で降板「自分のミスがすべて」

デイリースポーツ 7月20日(水)20時50分配信

 「阪神-巨人」(20日、甲子園球場)

 阪神・青柳晃洋投手が5回2/3を4安打4失点で降板となった。

 悔やまれる形での失点だった。初回、無死二塁は無失点で切り抜けたものの、二回だった。先頭からの連打で無死一、二塁となり、続くギャレットの打球をさばいた一塁・原口は鳥谷に送球して二塁封殺。そこから併殺を狙った鳥谷の送球を、カバーに入った青柳が捕球できずに失策。その間に先制点を奪われた。

 三回から五回は無安打に抑えたものの、六回だった。2死一塁から阿部に中前打を許して一、二塁に。続く村田に、右翼線沿いへの勝ち越し適時打を許し、なおも2死一、三塁でギャレットを迎えたところで降板。さらに代わった高橋がギャレットに3ランを浴びる最悪の展開となってしまった。

 青柳は降板後、「二回はゲッツーだったところを自分のミスで点を与えてしまい、チームに迷惑をかけてしまったということが、今日のゲームで一番大きかったです。六回も坂本選手へのフォアボールから失点してしまい、坂本選手をしっかりとアウトに打ち取っていれば、点は入っていなかったのかなと思います。今日は自分のミスから失点してしまったことがすべてでした」と反省の弁を述べていた。

 仮にこの試合で青柳が勝っていれば、新人の巨人戦初登板初勝利からの2戦2勝という球団史上初の記録となるところだったが、再三の好機を逃した打線の援護にも恵まれなかった。

最終更新:7月20日(水)21時23分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。