ここから本文です

sukekiyo、最濃の集大成公演が12月にBlu-ray化決定

BARKS 7月20日(水)0時12分配信

sukekiyoが、7月17日に調布市グリーンホールにて<sukekiyo 二〇一六年公演「裸体と遊具、泥芝居に讃歌の詩」-漆黒の儀->特別公演を開催。二部構成3時間半というボリュームで、淫靡と退廃に彩られた物語を濃厚に紡ぎ上げたと同時に、早くも2017年へ向けた活動の指針を示した。

2015年11~12月の“宙吊り娘と掃き溜めの詩”に2016年4月の“桜肌、夢締め跡と優越の詩”と、愛と自我を見失った少女の物語をコンセプチュアルなステージにより前後編で綴ってきた彼ら。現時点での全曲を網羅しながら重複している曲はほとんどない2本を、休憩を挟んで一度に上演した本公演は、物語世界の深化を通してsukekiyoの進化を見せつけるものとなった。

ドレスコードに従い漆黒を纏って着席するオーディエンスの眼前で繰り広げられたのは、強靭なバンドサウンドを軸にしながらも映像や特殊な演出をふんだんに取り込み、ロックバンドのライヴという概念からは大きく逸脱したパフォーマンス。“歌う”を超越して時に妖艶に、時に禍々しく“演じる”京が演劇実験室 万有引力の面々との舞踊で千手観音に化身すれば、クライマックスでは演奏の一つ一つが鼓動のように生々しく脈打って、長尺なドラマが極まって噴き出すエモーションが場を圧倒する。ラストは幕の向こう側に弦楽隊が登場して、生のストリングスとバンドサウンドの融合がカオティックな空気を醸すなか、異形の者たちに別室へと連れ去られた京が受けるのは禁断の責め苦――。想像を絶する展開に終始した3時間は、強烈なインパクトと絶対的なアイデンティテイを示し、まさしく現時点でのsukekiyoの集大成と呼べるものであった。

そんな一度限りの全曲披露公演が完全収録され、Blu-ray+CDとの2枚組で12月に発売されることが決定。2016年までのsukekiyo全曲がバンド史上最長のボリュームと最濃の世界観により凝縮された作品だけに、間違いなくファンには必携の作品になるはずだ。また、この日の公演の最後には、スクリーン上にて新作アルバム発売の文字も。ただ、リリース時期は“雪が咲く頃”と実に曖昧な上、12月には“ハロウィン殺しの儀(メンバーはノーマル)”なる公演も“有るような、無いような”とあやふやな告知がされて、場内からは拍手の合間に笑いも漏れていた。が、これもまた一筋縄ではいかないsukekiyoらしい演出と言えよう。

既成概念を打ち壊し、ここでしか味わえない異空間を提供し続けんとする彼らのステージは、現在の音楽シーンに物足りなさを感じている人々には必ずや響くはず。危険な魅惑に満ちた異世界への扉を、ぜひ、その手で開いてみてほしい。

ライブ写真●尾形隆夫

最終更新:7月20日(水)0時12分

BARKS