ここから本文です

連結して店頭の「ガシャポン」を再現!――ホントに回せる家庭用カプセル自販機が登場

ITmedia LifeStyle 7月20日(水)20時54分配信

 バンダイは7月20日、家庭用のカプセル自販機「バンダイ公式 ガシャポンマシン」を発表した。店頭に設置されているカプセル自販機を約2分の1サイズで再現したもの。価格は7020円(税込)。8月9日に発売する予定だ。

付属のジョイントパーツでガシャポンマシンを連結可能

 好みの景品を付属の空カプセルに入れて本体にセット。硬貨投入口に100円などの硬貨を入れ、レバーを回せば取り出し口からカプセルが出てくる。

 また本体正面に「ディスプレイカード」をセットすればオリジナルデザインのガシャポンを製作可能。同社では、発売に先駆けて7月20日から全27種類のディスプレイカードを製品サイトからダウンロード可能にしている。カードには「HAPPY BIRTHDAY」など各種パーティーや記念日に活用できるものをそろえた。

 さらに付属のジョイントパーツを使えば、ガシャポンマシンをタテヨコに2台ずつ連結することが可能だ。店頭のガシャポンマシンをリアルに再現できる。

 本体サイズは140(幅)×340(高さ)×220(奥行き)mm。重量は約1.3kg。電源は不要だ。本体のほか、空カプセル6個、連結用ジョイントパーツ1個、価格プレート2枚、ディスプレイカード1枚が付属する。

最終更新:7月20日(水)20時54分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]