ここから本文です

DeNA・熊原がMAX147キロで2失点の好投

デイリースポーツ 7月20日(水)21時22分配信

 「ヤクルト-DeNA」(20日、神宮球場)

 DeNAの熊原健人投手(22)が5回を104球擁しながら、3安打4四球2失点(自責は1)の好投。“神主投法”からMAX147キロの荒れ気味の直球で押し、キレのいいスライダー、チェンジアップを駆使。味方の援護もあって勝ち投手の権利をもって降板した。

 「ブルペンの時よりもマウンドに上がってからのほうが調子が良く、初回に3四球はありましたが攻めた四球だったのでうまく割り切ることができ、その後は狙ったところに投げられることができました。最少失点でいけたのは良かったです。ただ先発として七回までは投げなくてはいけないですね…」とコメントした。

最終更新:7月20日(水)22時2分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]