ここから本文です

巨人が4連勝 V打含む猛打賞の村田「ひとつも落とさないつもりで」

デイリースポーツ 7月20日(水)21時24分配信

 「阪神2-6巨人」(20日、甲子園球場)

 巨人が阪神に同一カード3連勝し、連勝を4に伸ばした。

 1-1で迎えた六回、阪神の先発・青柳を攻めて2死一、二塁とすると、村田が右前適時打を放ち、勝ち越し。続く、ギャレットが代わった左腕の高橋から右翼席へ13号3ランを放ち、試合を決めた。

 V打を含む3安打をマークした村田はヒーローインタビューで「いい当たりじゃなかったけど、いいところに飛んでくれた。積極的にファーストストライクから打っていった結果がタイムリーになってよかった」と喜んだ。これで貯金も2となり、「追いかける立場なので、ひとつも落とせないつもりで毎日やってます。できるだけ上を苦しめられるように、勝ちを拾っていきたいと思います」と、首位の広島追撃を誓っていた。

 阪神は今季7度目の3連敗で、同5度目の同一カード3連敗。借金は今季ワーストの13となった。五回まで毎回、走者を得点圏に進めながら、1点しか奪えず、拙攻が響いた。

最終更新:7月20日(水)22時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報