ここから本文です

危険な場所に入らない、歩きスマホは×――「ポケモンGO」注意事項を内閣サイバーセキュリティセンターが公開

ねとらぼ 7月20日(水)22時1分配信

 近くリリースとウワサされるスマホゲーム「ポケモンGO」について、内閣サイバーセキュリティセンターが子どもに向けた注意事項をTwitterで公開しました。

【ポケモンGO】

 同センターは「みんなへのおねがい」として、「ロケット団だけでなく、みんなの行く手にはさまざまなトラブルが待ち受けています」と楽しく遊ぶために気をつけることをまとめています。

 トレーナーとして登録する場合は本名とは違うニックネームをつけ、SNSに自宅近くの写真を投稿しないなど個人情報を守り、偽アプリやチートツールを避け、公式ストアからアプリをインストールするよう注意しています。

 また熱中症に気をつけること、危険な場所に入らないこと、ゲームにかこつけて会おうという人を警戒すること、歩きスマホをしないことも呼びかけ。さらに位置情報ゲームはバッテリーの消費が激しいことから、予備のバッテリーを持つことや、バッテリーが切れたときのために予備の連絡手段として公衆電話の使い方を調べておくこともアドバイスしています。

 海外では「ポケモンGO」に夢中になるあまり事故に遭う人も出ており、特に子どものプレイヤーの安全を懸念する声も上がっています。また一部の学校では終業式に同アプリに関する指導があったと報告されています。

最終更新:7月20日(水)22時1分

ねとらぼ