ここから本文です

ヒルビリー・バップスの30周年ベスト発売、清志郎やCHABOの歌唱バージョンも収録

音楽ナタリー 7月20日(水)22時9分配信

ヒルビリー・バップスのデビュー30周年を記念したコンプリートベストアルバム「ヒルビリー・バップス 30th ANNIVERSARY COMPLETE BEST」が本日7月20日にリリースされた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1986年4月にシングル「微熱なキ・ブ・ン」でデビューし、ウッドベースのスラッピングを効かせたハードなロカビリーサウンドで人気を博したヒルビリー・バップス。忌野清志郎が彼らを気に入り2ndシングル「バカンス」を書き下ろしたり、彼らが「ティーンエイジャー」をカバーするために仲井戸麗市が歌唱指導のデモカセットを渡したりと、当時多くのアーティストから愛されたバンドだった。しかし1988年3月、全国ツアー初日公演の翌日にボーカルの宮城宗典が突然自殺を図り、23歳の若さで逝去。予定されていたツアーは全てキャンセルとなりバンドは活動休止を余儀なくされた。翌年2月に2代目ボーカリスト横山裕高を迎え活動を再開するも、バンドは2枚のアルバムを発表し1990年5月に解散した。

「ヒルビリー・バップス 30th ANNIVERSARY COMPLETE BEST」はCDとDVDの2枚組仕様で、CDには彼らが発表した全シングルを収録。これまでのベスト盤には収められなかった横山裕高ボーカル時代の楽曲も網羅されている。さらに今作には、2ndシングル「バカンス」のライブ音源や、同曲の作者である忌野清志郎によるセルフカバーバージョン、仲井戸麗市が歌った「ティーンエイジャー」のオリジナルバージョン、宮城の親友だった永瀬正敏による「For the boys…」のカバーが追加収録されている。

DVDには今回が初DVD化となる彼らのミュージックビデオの数々を収録。特典映像としてスタッフが資料用に撮影していた、1987年11月20日に東京・後楽園ホールで行われたライブの模様が完全収録される。

なおヒルビリー・バップスは現在、2代目ボーカリストの横山裕高とオリジナルメンバーの4人編成で不定期に活動中。すでにチケットは完売しているが、7月23日には東京・羽田空港国際線旅客ターミナル直結のTIAT SKY HALLにて30周年記念ライブを行うことが決定している。

ヒルビリー・バップス「ヒルビリー・バップス 30th ANNIVERSARY COMPLETE BEST」収録曲
CD
01. 微熱なキ・ブ・ン(とびきり16才)02. 世紀末少年03. バカンス04. 激的バーニング・ラブ05. ビシバシ純情!06. 二人の為の甘いバラード07. 僕たちのピリオド08. ブレイントリップ A-Go-Go09. 真夜中をつっぱしれ10. 崩れ落ちてゆくサマーナイト11. ティーンエイジャー12. You13. ウェディング・ベルを抱きしめて14. 夢見る頃を過ぎても15. Dear Friend(Demo Tape Version)16. OUR SONG17. G・オーウェルの息子たち18. バカンス(LIVE at ALIVE HIROSHIMA '87)19. BAKANCE / 忌野清志郎20. ティーンエイジャー / 仲井戸麗市21. For the boys…(Single Version) / 永瀬正敏

DVD
<ミュージックビデオ>・微熱なキ・ブ・ン(とびきり16才) ・バカンス・激的バーニング・ラブ・ビシバシ純情!・僕たちのピリオド~トーク・真夜中をつっぱしれ・世紀末少年・ウェディング・ベルを抱きしめて・バカンス(モノクロVersion)・チャイナタウンでつかまえて・夢見る頃を過ぎても<ボーナスムービー(1987年11月20日 後楽園ホールライブより)>・激的バーニングラブ世紀末少年・真夜中をつっぱしれ・5時からのレボリューション・チャイナタウンでつかまえて・ウェディング・ベルを抱きしめて・崩れ落ちてゆくサマーナイト・Summer Time・サマー体育・ティーン・エイジャー・僕たちのピリオド・You・ビシバシ純情!・Crazy Head・Urban Confidencial・ブレイントリップ A-Go-Go・バカンス

最終更新:7月20日(水)22時9分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。