ここから本文です

スティング、17年ぶりにロック・アルバムを発表

BARKS 7月22日(金)8時16分配信

スティングが、ニュー・アルバム『57th & 9th』をリリースする準備を進めているそうだ。ロック色の濃いサウンドだと言い、この種のアルバムは1999年の『Brand New Day』以来となる。

◆スティング画像

彼は新作について「ここしばらくのものに比べロックの要素が強い。このアルバムは僕がやっていること全てのオムニバスのようなものだ。でも、エネルギッシュな面が主力になっていると思う」と『Rolling Stone』誌に話した。

アルバムのタイトルは、彼がスタジオへ入る際、毎日渡っていた交差点に由来するという。トラッキングリストの詳細はまだ明かされていないが、収録曲の1つ「50,000」は、プリンスが亡くなった週に作ったそうだ。「死の存在を意識するようになった。とくに僕の歳になるとね。僕は64だ。カルチャーのアイコンが亡くなるとき、僕らみんな、どれだけショックを受けるかってことに言及している。プリンス、デヴィッド(・ボウイ)、グレン・フライ、レミー…、彼らはある意味、僕らの神だ。だから、彼らが亡くなるならば、僕らは自分たちの不死について問わねばならない。ロック・スターとしての僕でさえもね。そして、過剰なほどの自信なんて結局意味がないんだって実感するのは、ほろ苦いとこだよ」

スティングは現在、ピーター・ガブリエルとのジョイント・ツアー<Rock, Paper, Scissors>を開催中。7月24日までひと月に渡り、北米で24公演が開かれる。先週、ガブリエルの「Shock The Monkey」をスティングが歌うライブ映像が公開された。

Ako Suzuki

最終更新:7月22日(金)8時16分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。