ここから本文です

挑戦者ララ「2人の男が打ち合った試合には満足」

デイリースポーツ 7月20日(水)23時11分配信

 「ボクシング・WBA世界フライ級タイトルマッチ」(20日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦が行われ、メインイベントではWBA世界フライ級王者・井岡一翔(27)=井岡=が、11回1分11秒KOで、同級6位の挑戦者・キービン・ララ(21)=ニカラグア=を沈め、昨年4月に獲得した王座の3度目の防衛に成功した。

 “ニカラグアの宝石”と国の期待を背負ったララは11回に沈んだ。「(同国のWBC世界フライ級王者の)ローマン・ゴンサレスとスパーリングをした時からディフェンスの欠点を指摘されていた。克服しようとしたけど、まだ修正できなかった」と残念がった。

 手数で大きく上回った前半は互角以上の戦いを見せた。「2人の男が打ち合った試合には満足している。神のおかげでまだこうして生きているし、次のチャンスに向けて頑張ります」と前を向いた。

最終更新:7月20日(水)23時32分

デイリースポーツ