ここから本文です

謎の新人バンド「megsri」(めぐすり)、構成はBIGMAMA/TOTALFAT/the telephonesのメンバー

BARKS 7月20日(水)16時57分配信

昨日7月19日に、スペシャアプリ/LINE LIVE/SPACE SHOWER ON DEAMNDにて生配信された『UKFC on the Road決起集会!』にて、すべてが謎のヴェールに包まれていたバンド「megsri」(めぐすり)のメンバーが明らかになった。

その構成は、Vo/GtにBIGMAMAの柿沼広也、Gt/ChoにTOTALFATのKuboty、Bassは現在活動休止中のthe telephonesである長島涼平(フレンズ/FINAL FRASH)、DrumsはBIGMAMAのリアド偉武からなる。そしてこのバンドでさらに注目すべきは、BIGMAMAの柿沼広也がメインボーカルを務めることと、TOTALFATのKubotyが作詞・作曲した日本語詞のラブソングにある。

元はと言えば、2年前の<UKFC>の打ち上げの雑談の中で結成されたというmegsriであるが、バンド名の由来も“そのテーブルに目薬が置いてあったから”という単純明快なもの。まさに目薬の効能のように、“乾いた大地を優しく潤すような”ロマンティックなラブソングを柿沼広也が温かく力強い声で歌いあげるという。

megsriは、8月16日(火)に新木場STUDIO COASTにて開催される<UKFC on the Road 2016>で初ライブをおこなうことが決定しており、当日のグッズ売り場で2曲入りの1st EPも発売される。次のライブ出演も未定で進出鬼没となるようなので、気になるファンは<UKFC on the Road2016>で彼らの姿をぜひ目撃してほしい。


[megsri プロフィール]
Vo/Gt:柿沼広也(BIGMAMA)
Gt/Cho:Kuboty(TOTALFAT)
Ba:長島涼平(フレンズ/FINAL FRASH)
Dr:リアド偉武(BIGMAMA)

2016年。同じ事務所に所属していた4人が、2年前のUKFCの打ち上げの席で結成。
BIGMAMA、TOTALFAT、フレンズ/FINAL FRASHのメンバーで構成されている。
2016年8月16日に所属レーベルのイベント<UKFC on the Road 2016>にて初ライブをする事が決定。
その会場にて2曲入りの1st EPが発売される。

[リリース情報]
megsri 1st EP
¥1,000(ラバーバンド付)
※完全限定生産CD

1. 誓いのうた
2. 合言葉

<UKFC on the Road 2016>
8月16日(火) 新木場STUDIO COAST
OPEN/START 13:00/14:00

【FRONTIER STAGE】
ART-SCHOOL、BIGMAMA【ゲスト:新里英之・名嘉俊(HY)、稲村太佑(アルカラ)、GEN(04 Limited Sazabys)】、lovefilm、MO'SOME TONEBENDER、POLYSICS、TOTALFAT
【FUTURE STAGE】
asobius、DATS、PELICAN FANCLUB、SPiCYSOL、ウソツキ
【GATE STAE】
Cettia、Helsinki Lambda Club、カフカ、megsri、odol、polly
【Opening DJ】 片平実(Getting Better) 【神出鬼没ACT】 しもっきー

■チケット料金:前売¥4,800/当日¥5,300

※チケット一般発売中
・イープラス http://eplus.jp/
・チケットぴあ http://t.pia.jp/
・ローソンチケット http://l-tike.com/
未就学児童のご入場はできません/小学生以上はチケットが必要になります

最終更新:7月20日(水)16時57分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。