ここから本文です

クール教信者「ホロビクラブ」「キリのいいところで。」など収録の短編集

コミックナタリー 7月20日(水)23時35分配信

「ホロビクラブ~クール教信者短編集~」が本日7月20日に発売された。

表題作「ホロビクラブ」は屁理屈ばかりのビッチな先輩、巨乳でバカな女子生徒、セカイ系な男子の3人が人類滅亡などのテーマについて語り合うギャグ作品で、季刊誌・もっと!(秋田書店)に連載されていた。

そのほか月刊チャンピオンRED(秋田書店)で短期連載された、女の子たちのおしゃべりと巨大ロボットバトルを描く「キリのいいところで。」と、短編「うさぎのフラウ」「ハッピーデイズ」を収録している。

最終更新:7月20日(水)23時35分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。