ここから本文です

広島・緒方監督、競り負けにも打線を評価「粘りすごい」

デイリースポーツ 7月20日(水)23時38分配信

 「広島6-7中日」(20日、マツダスタジアム)

 広島が今季13度目の延長戦に競り負け、連勝は2でストップした。それでも、緒方孝市監督(47)は、最大4点差を追い付いた打線を奮起を評価。「粘りがすごい。野手の頑張りがすごいね。結果、負けてしまったけどよく頑張ってくれた」とねぎらった。

 今季初登板の大瀬良が、3回を7安打4失点でKO。劣勢を強いられた展開のまま4点差で迎えた四回、二死二塁から会沢の右前適時打で1点を返すと、さらに2死一、三塁。田中の右前適時打で一気に2点差に迫った。

 さらに3点差となった六回。2死三塁から代打・松山の右前適時打で1点を返す。反撃ムード高まる中、続く田中の飛球を一塁ビシエドが落球。菊池が四球を選んで満塁とし、丸が右前へ2点適時打を放った。一丸の攻撃で同点に追いついた。

 「覇気を出していきました」と丸。松山は「勢いを付けることができた。今後もああいった形で、しっかり打席に立ちたいです」と振り返った。最後は延長十回、2死一、二塁から今村が杉山に右前適時打を浴び、これが決勝点となった。

 猛反撃はあと一歩、及ばなかったが、好調の打撃陣が執念を見せた一戦。休養日を挟んで、22日からは阪神との3連戦(マツダ)。一丸野球で首位を突っ走る。

最終更新:7月21日(木)0時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]