ここから本文です

エビ中りななん18歳、架空のラジオで「鱧」読めるかな

音楽ナタリー 7月20日(水)23時37分配信

7月16日に18歳の誕生日を迎えた私立恵比寿中学の松野莉奈が、昨日7月19日に東京・ステラボールでソロライブ「rinanan RADIO SHOW!!」を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

エビ中メンバーによるバースデーソロ公演第3弾となった今回のライブ。このシリーズでは、公演内容はもちろんのこと開演前のBGMなどにもメンバーそれぞれの個性が生かされており、松野は両親と一緒に選んだお気に入り選曲のBGMでエビ中ファミリー(エビ中ファンの総称)を迎え入れた。「rinanan RADIO SHOW!!」の始まりを知らせるタイトルコールが流れると、松野はステージ中央ではなく、上手に設置されたラジオDJ風のブースにスタンバイ。「ついに始まりました『rinanan RADIO SHOW!!』! DJを務めるのはわたくし松野でございます」と、松野はこの公演が架空のラジオ番組として進行することを暗に伝える。

「さっそく曲に行っちゃいましょう。『カッコいいりななんが見たい。盛り上がる夏曲が聴きたい』というリクエストで……」と、松野はDJブースからステージ中央へと移動して、エビ中のナンバー「キャンディロッガー」を1人で披露。リクエストや質問は事前に受け付けられたもので、セットリストにはエビ中ファミリーからの投稿が反映されていた。次に歌われたMONGOL800「小さな恋のうた」のカバーを選曲したのは松野の父で、これも「子供の頃からよく聴いていた曲、お出かけのときにお父さんが車でかけていた曲の中から1曲聴きたい」というリクエストを受けて選んだという。カバー曲はほかにも、アニメ映画「時をかける少女」の挿入歌である奥華子の「変わらないもの」や、14歳のバースデーイベントでも歌われた木村カエラ「リルラ リルハ」が選曲され、終盤にはレキシの池田貴史が楽曲提供したエビ中のナンバー「U.B.U.」からレキシのカバー「きらきら武士」につなぐ場面も見られた。

ラジオのトークコーナーでは、DJ松野がリスナーからの相談や質問に次々と答えていく。大食漢の松野だけに、質問は「最近、好きだと言っていたたこ焼きの話題がブログにもさっぱり出てきませんが、別の食べ物に“推し変”したんですか?」「最新の好きな食べ物ランキングを教えてください」と食べ物にまつわる話題に集中。しかし松野は「たこ焼きは“推し変”はしてません。距離を取ってるんです」「うどんは風邪のときに食べるイメージだったけど、ツアーで香川のうどんを食べたら本当においしかった」「(ランキング)3位はマカロン、2位はカリフラワー、1位は……ヤングコーン!」など嬉々として食べ物トークを展開した。

トーク後半の「りななんのできるかな?」のコーナーでは、メンバーやスタッフが考えたさまざまなミッションに、松野がご褒美を賭けて挑戦。松野がクジで選んだ5つのお題に答え、判定は観客に委ねられる。「安本彩花のモノマネできるかな?」は失敗、「柏木ひなたのモノマネできるかな?」は成功、「安本彩花をテーマに即興で歌を披露できるかな?」は成功、「円周率20ケタ言えるかな?」は失敗となり、勝敗は最後の1問次第に。クジを開いた瞬間に松野がしかめっ面になった最後のお題は「この漢字読めるかな?『鱧』」。松野は優しいエビ中ファミリーのヒントを元に正解の「ハモ」を導き出し、無事ご褒美のケーキにありついた。

またこの日はアンコールを含め計4パターンの衣装チェンジが行われ、モデルとしても活躍する松野の魅力が遺憾なく発揮された。本編終了後は小田和正「たしかなこと」に乗せて、松野の幼少期から現在までの姿を追ったスライドが流れ、アンコールには過去のライブでも披露されたウエディングドレス姿で登場。将来の理想を歌うソロナンバー「できるかな?」で、場内はほのぼのとしたムードに包まれた。松野は「ソロコンをすると決まったときは不安で不安でしょうがなかったんです。私は優柔不断だから1人で(公演内容を)なかなか決められなかったけど、スタッフさんといろいろ相談して、素敵なステージができました。あとはファミリーの皆さんの『楽しみ!』って声があったからがんばることができました」と感謝を述べ、最後に「私は今まで甘えてきたことが多いなと思っていて、あとになって『あーあ、あのときこうしてればよかったな』って思うことがたくさんあったから、これからは必死に何事にも挑んでいきたいと思います。私は思っていることを言葉にするのが苦手なんですけど、もっといろんな部分を皆さんに出していけたらいいなと思います」と18歳の抱負を語った。

次回エビ中メンバーソロ公演は、10月28日に16歳の誕生日を迎える中山莉子。開催日は誕生日前日の10月27日を予定しており、詳細は追ってアナウンスされる。

松野莉奈生誕ソロライブ rinanan RADIO SHOW!!2016年7月19日 ステラボール セットリスト
01. キャンディロッガー02. 小さな恋のうた(オリジナル:MONGOL800)03. 全力ランナー04. 変わらないもの(オリジナル:奥華子)05. リルラ リルハ(オリジナル:木村カエラ)06. 大好きだよ07. フユコイ08. U.B.U.09. きらきら武士(オリジナル:レキシ)10. ラブリースマイリーベイビー<アンコール>11. できるかな?

中山莉子生誕ソロライブ
2016年10月27日(木)※詳細は後日発表

星名美怜生誕ソロライブ
2016年11月4日(金)※詳細は後日発表

真山りか生誕ソロライブ
2016年12月16日(金)※詳細は後日発表

廣田あいか生誕ソロライブ
2017年1月31日(火)※詳細は後日発表

柏木ひなた生誕ソロライブ
2017年3月29日(水)※詳細は後日発表

最終更新:7月20日(水)23時37分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。