ここから本文です

【連載】青SHUNコラム第116回『青SHUN学園&ぴゅあ娘、6大都市ツアー最終!台湾2days大盛況で閉幕』

BARKS 7月24日(日)13時23分配信

青SHUN学園 学園長&プロデューサーのSHUNです!
今回のコラムは台湾遠征2daysのレポートをしたいと思います。

◆【連載】青SHUN学園 SHUNの「青SHUNコラム」

青SHUN学園&ぴゅあ娘で、6大都市ツアーと銘打って全国ツアーを回ってきました。
5月…Zepp Fukuoka(福岡)
6月…RUIDO OOSAKA(大阪)、大須CARNIVAL STAR'S(名古屋)、札幌Link's HALL(北海道)
7月…鶯谷キネマ倶楽部(東京)、嘉儀Wake Up Festival&台北PIPE(台湾)


なぜ全国を回るのか…?
周期によって、それぞれのアーティスト&アイドルが集う事象が違うと感じます。
例えば、オリコン順位を狙う時期。
大箱でのワンマンLiveに挑戦する時期。
全国ツアーなどの遠征を開催する時期。

今まさに、全国ツアー等の遠征を開催する時期だと感じていまして、国内のみならず、海外にも頻繁に足を運び、現地のファンを増やしている状況をよく見受けます。
僕たちが全国を回るのは凄くシンプルです、それは…

「より多くの、一人でも多くの人に自分たちを知ってもらい、好きになってもらいたい」

例えばコンビニの陳列を例にあげてみましょう。
“売れる”と思ってその場にレイアウトし、最初は新鮮なのでそこそこ売れ、探してでも手に取って売れたとします。
でも、ずっとそこで売れ続ける事はありません、そこを見に来る購入者は、ヘビーユーザーでない限り“その商品の為だけ”にコンビニを訪れる訳ではないと思うのです。
購入者はいわゆるDD(誰でも・何でも大好き)で、新しいもの好きです。
次に新しい話題性のある、評判の良いものが来たらものの見事に移ってしまう事が多いです。だったら…
環境を変え、アプローチを変える。そうすると、今までその商品が無かった場所にレイアウトされると、そこには当然ながらいつもと違う客層がいるのです。
「初めて見ました」「名前だけは聞いてたけど…」
購入者が手を伸ばしやすい、試しに買ってみるか!というきっかけは、もうこっちから作りに行かなければいけないのだと思います。
飽和状態化した環境から抜け出すのはとても難しく、そしてその元の場所にもヘビーユーザーがいてくれるわけですから、全てに100%愛情を注ぎ、自分たちが頑張らなければいけません。そしてそのきっかけは、購入者の「美味しかった!」「また食べたい!」「他ではどこで買えるの?」等の言葉、それがやり甲斐、生き甲斐となり頑張れるのだと思います。

…伝わりにくかったでしょうか?(笑)自分も体現できておらず、実は“それが一番難しいんだよ!”という事は重々承知なのですが、感じた事は提起として。。。
逃げ出さず、向き合い、ここからより良く、もっと皆で幸せになる為に!
青SHUN学園も頑張っていきたいと思います☆★

さて、前置きが長くなりましたが…
行ってきました!台湾2Days。
バスツアーや、ファン交流会のランチバイキングも開催され、地元の台湾のファン・遠征の日本からのファンの皆さんにとってもレアな一連の台湾ツアーになったのではないでしょうか。

◆初日はロックフェス、いつものアイドルフェスとは勝手が全く違い、盛り上がり方も違う。

2009から開催されたwake up festivalは、地域のリソースが欠けている嘉義(かぎ)の高校生たちがライブするチャンスを作るために、自ら開催した音楽フェス。
最初の時は百人も集まらなかったのが、七年経ち台湾の代表的な音楽フェスの一つになりました。

青SHUN学園 futuring ぴゅあ娘のステージは屋内のステージ!
最前列から最後尾までびっしりの音楽ロックファンで埋められ、途中長崎くんちのようなドラゴン(龍)も飛び入りで盛り上げる。
まさしく“良いものは良い”という、一人一人がライブを最大限楽しもう!という思いと、ステージではそれ以上に盛り上げるぞ!という熱気のぶつかり合い。

【1日目】
wake up festival 覺醒音樂祭 2016
2016/07/15(金)~ 2016/07/17(日)
出演は07/16(土)
・場所 嘉義文化創意?業園區(嘉義市中山路616號)
・出演者 青SHUN学園、OS☆U、感覚ピエロ、fox capture plan、Flesh Juicer 、Fire EX、Mary See the Future、他
・金額 $1800 TWD
・内容

《セットリスト》
・手紙。short ver.(青SHUN学園メンバー)【センター:まほ&つぐみ】
・Hello!short ver.(ダンス:青SHUNメンバー、煽り:ぴゅあ娘+まほ&つぐみ)
・青春☆わっしょい!(青SHUN学園メンバー)
~バイキングshort ver.MC~
・1/3の純情な感情 short ver.(ダンス:青SHUN学園メンバー、煽り:ぴゅあ娘+まほ&つぐみ)
・LOVE&PEACE届け隊!!(メイン:ぴゅあ娘、煽り:青SHUN学園メンバー)
・キラキラ☆マーメイド(青SHUN学園メンバー)【マーメイド:まほ、王子:AKIRA、魔女:つぐみ】
・Cha La Head Cha La(ダンス:青SHUNメンバー、煽り:ぴゅあ娘+まほ&つぐみ)
~バイキングMC~
・君がくれた想い BPM up ver.(全員参加)【セリフ:橘】
・力の限り~開放 short ver.(全員参加)

◆最終日は地元イベンターが組んだ台北PIPEでのアイドル合同イベント「Ciao! Idol Live」
地元台湾のアイドルも、日本から遠征に来たアイドルも出演、地元ファンと遠征のファンも親交を深め、全体が一体となり盛り上がっていました。
最後の「開放~オーエーオー~」ではぴゅあ娘さんも、次の出番のREADY TO KISSさんも一緒に飛び入り参加!最高の現場に涙腺が緩みました。

【2日目】
Ciao! Idol Live
2016/07/17(日)
・場所 台北 PIPE LIVE MUSIC(台北?中正區思源街1號)
・出演者 青SHUN学園、ぴゅあ娘、OS☆U、READY TO KISS、TIRA、Mystëric、他
・金額 $800 TWD
・内容
アイドル文化の架け橋を目指し、台湾のアイドルシーンをもっと盛り上げたいという気持ちで開催してるアイドルイベントです。

・青春☆わっしょい!
~バイキングMC~
・Cha La Head Cha La
・キラキラ☆マーメイド
・JK☆大革命の日々
・MPN
・力の限り~開放 short メドレー
~バイキングMC~

台湾遠征は今回で4度目となり、今後の活動の幅も今回でさらに広がったと思います。
より多くの方に、青SHUN学園、そしてアイドル文化や引いては日本のJAPANカルチャーを好きになって貰えます様に…日々精進します!

最終更新:7月24日(日)13時23分

BARKS