ここから本文です

栞菜智世、フェイクスター煌めく「Blue Star」ジャケット公開

BARKS 7月20日(水)19時47分配信

栞菜智世(かんなちせ)が、8月24日にリリースする2ndシングル「Blue Star」のジャケット写真を公開した。

◆「Blue Star」ジャケット画像

3月に公開された藤原竜也主演映画『僕だけがいない街』の主題歌「Hear ~信じあえた証~」で、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューした栞菜。表題曲「Blue Star」は、夢を抱きながら大人社会の端っこに飛び込んだ女の子が主人公で、大人への成長過程の苦悩と葛藤を切ないメロディーに乗せて歌った楽曲となっている。

今回のジャケット写真は、街灯りがつき始める夕刻から夜にかけて、海辺で実際に何度もラメを空に放ちながら撮影されたという。ポツリポツリと見える夜景と、ラメによるフェイクスターの一瞬の煌めきに、どことなく孤独感が漂うビジュアルに仕上がった。

また、これまでデビュー前から路上ライブを積み重ねつつも、その存在がベールに包まれていた栞菜だが、このたびInstagramアカウントを開設。こちらには彼女が“今、感じていること”を随時アップしていく予定とのことだ(https://www.instagram.com/kannachise/)。

なお栞菜は、8月28日、29日に福岡県宗像市で開催される<宗像フェス~World Heritage Munakata~>の初日にオープニングアクトとして出演することが決定しており、これにより初の大型フェス出演を果たすこととなる。

2nd Single「Blue Star」
2016年8月24日(水)発売
■初回限定盤 CD+DVD UPCH-89286 / ¥1,600+tax
■通常盤 CD UPCH-80439 / ¥1,000+tax
「Blue Star」他1曲と、それぞれのinstrumental ver.を収録。

最終更新:7月20日(水)19時47分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。