ここから本文です

【MLB】ドジャースの柳賢振がDL入り、C.カーショーの復帰めども立たず…

ISM 7月20日(水)12時8分配信

 ロサンゼルス・ドジャースは現地19日、柳賢振投手を左ひじの腱炎のため15日間の故障者リスト(DL)に登録した。この措置は9日に遡って適用される。

 柳賢振は、左肩の負傷により昨季開幕を故障者リストで迎えると、5月に同箇所の手術を受け、シーズンを全休。今月7日のサンディエゴ・パドレス戦で復帰を果たすも、5回途中8安打、6失点の内容で今季初黒星を喫した。

 また、ドジャースは、軽度の椎間板ヘルニアで戦列を離れているクレイトン・カーショー投手について、現在も復帰のめどが立っていないことを明かした。エース左腕は、先月26日の登板を最後にDL入りとなっているが、今月16日に行った投球練習のあと、違和感を訴えたという。

 デーブ・ロバーツ監督は、カーショーについて「翌日にあまり調子が良くないと言っていた。あの時点で、もう少し慎重になる必要があると思った」とコメント。そして、「クレイトンの症状が悪化したのかどうかは分からないが、腰の痛みがおさまるのを待ってから様子を見ることにする」と語った。(STATS-AP)

最終更新:7月20日(水)12時12分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。