ここから本文です

【MLB】レンジャーズのJ.プロファーにレイズなど多数球団が興味

ISM 7月20日(水)17時27分配信

 レキサス・レンジャーズが、ジュリクソン・プロファー内野手のトレードに関し、多数の球団から打診を受けていることが分かった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが現地19日に報じた。

 同サイトによると、特にタンパベイ・レイズがプロファーに興味を示しているとのことで、先発投手を補強ポイントとしているレンジャーズは、マット・ムーア、ジェーク・オドリッジ、ドルー・スマイリーに関心を持つ可能性があるという。また、レンジャーズは捕手も補強する必要があるようで、プロファーとの交換でジョナサン・ルクロイ捕手(ブリュワーズ)の獲得に乗り出すことも考えられる。

 23歳のプロファーは、肩のケガにより2014年を全休し、さらに翌2015年シーズンの大半を欠場。今年5月に乱闘騒ぎを起こして出場停止処分を受けたルーンド・オドール二塁手の代役としてメジャー昇格を果たすと、今月18日までに40試合の出場で打率.318、4本塁打、14打点をマークしている。

 また、内野の全ポジションの守備をこなせる万能性が、2012年プロスペクトランキング全体1位に輝いたプロファーのトレード市場における価値を高めていると、『NBCスポーツ』は伝えている。

最終更新:7月20日(水)17時27分

ISM

スポーツナビ 野球情報