ここから本文です

Bank Band、6年ぶり新曲配信&MV公開 小林武史×櫻井和寿×岩井俊二がコラボ

オリコン 7月20日(水)0時57分配信

 小林武史と櫻井和寿を中心に結成されたBank Bandが、実に6年ぶりとなる新曲「こだま、ことだま。」をきょう20日から配信開始した。同曲は、今月1日から東京メトロ『Find my Tokyo.』第2弾CMソングとして流され、話題を呼んでいる。

 Bank Bandが新曲を発表するのは、2010年6月30日発売のアルバム『沿志奏逢 3』以来、6年ぶり。今月30・31日および29日の前夜祭を含む3日間、宮城県石巻港雲雀野(ひばりの)地区で開催される『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』のために、櫻井が作詞、小林が作曲を手がけた。

 タイトルの「こだま、ことだま。」には、「僕と君、空と海、誰かと何か…、というように、何かと何かを結びつける大切な『と』の存在に気づき、新たなる出会いの場所で、人と人がつながりながら、紆余曲折して、たどりついた『今』を肯定していきたい」との願いが込められている。イベントの公式サイトでは、小林と櫻井の対談を掲載し、楽曲に込めた思いなどを語っている。

 YouTubeではミュージックビデオのショートバージョンを公開。『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』開催地の宮城県石巻、牡鹿半島の風景、そこに住む人々の日常をテーマに、映画監督の岩井俊二氏がメガホンを取った。

■Bank Band「こだま、ことだま。」Music Video
https://youtu.be/fAJGQhs0kis

最終更新:7月20日(水)0時57分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。