ここから本文です

ダンディ&スギちゃん、後輩・小島よしおの結婚を祝福

オリコン 7月20日(水)15時46分配信

 お笑い芸人のダンディ坂野(49)、スギちゃん(42)が20日、都内で行われたアニメーション映画『みつばちマーヤの大冒険』(9月3日公開)公開アフレコに出席。18日に7歳下の一般女性と結婚した同じ事務所の後輩芸人・小島よしお(35)を祝福した。

【写真】アフレコには野沢雅子、はるかぜちゃんも参加

 2人も参加している一発屋芸人たちによるLINEグループでは、持ちギャグを使ったお祝いコメントで盛り上がったようで、ダンディは「『結婚ブリーフ』と入れておきました」と報告。スギちゃんは「僕は持ちギャグでお祝いするのが嫌いなので書いていない」とぶっちゃけたが、実は「ワイルドと結婚が結びつかなかった」と、ギャグが思いつかなかったことを正直に打ち明けていた。

 現在LINEグループのメンバーは30人ほどいるようで、ダンディによると「最近ねづっちを誘おうって言っている」と計画しているという。グループから抜けていったメンバーはいないようだが、「最初から入っていないのはヒロシ、エドはるみさん。頑なに拒んでいる」と明かしていた。

 同作は、100年以上にわたり世界中で愛されている、ドイツの作家ワルデマル・ボンゼルスによる児童文学を映画化。春名風花(15)が主人公のマーヤ、野沢雅子(79)が75年のテレビアニメからマーヤの親友・ウィリーの声を続投。ダンディはアリのバーニー、スギちゃんもアリのアーニー役で声優に挑戦している。

 アフレコでは、なかなかタイミングをつかめずにいたダンディとスギちゃんだったが、野沢から「最初は誰でも固くなるけれど、リラックスしてできているのがいい」と声をかけて励まされ、春名からも「声と絵があっていてよかったです」と褒められると、照れ笑いを浮かべていた。

最終更新:7月20日(水)23時4分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。