ここから本文です

中居もびっくり、乃木坂46・松村が天然発言「センターは秋元さんの好み」?

オリコン 7月20日(水)12時20分配信

 人気アイドル乃木坂46の松村沙友理が、19日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、グループのセンターポジションの決定方法について、独自の見解を示した。

【写真】ミニワンピ&ツインテールで微笑む「ビジュアル担当」松村

 この日、“完璧な日焼け対策”というテーマを引っさげて登場した色白美肌の松村。音楽番組などで何度も共演経験のある中居に、「知ってますか? 乃木坂46って……」と遠慮がちに心配したり、「乃木坂46のビジュアル担当です!」と自己紹介しながら「他にどんな担当がいるの?」と聞かれると、たっぷり10秒以上「うーん」と悩んだ末に結局一つも出てこなかったりと、初っ端から天然ぶりを発揮。

 さらに、中居が乃木坂46について質問すると、松村は「今は35人います。すっごく仲がいいんです!」とのんびりとかわいらしい大阪弁で語り、「最新シングルでは、私センターのすぐ後ろにいるんです」と笑顔でアピールした。

 それを受けて、劇団ひとりが「乃木坂はどうしたらセンターになれるんですか?(AKB48だと)選挙だったり、じゃんけんだったり……」と聞くと、松村は「いや~、でもやっぱり秋元(康)さんの……好み?」と真顔で断言。恐ろしいほど無邪気な発言に、「好みなの!?」とスタジオは少々引きながらも大爆笑に。中居も驚きの視線を向けるなか、「100%そうとは言えないけど、まぁちょっと好みも入ってるんちゃうかな?」とのんびり明かす松村を、「プロデューサーの仕事ってそういうことだよね」とひとりがフォローしていた。

 重ねて中居が「じゃあ秋元さんにはお歳暮をあげようとか、年賀状も頑張るとか」と“好み”になるための努力をしているのかを尋ねると、「あぁっ」と初めて気づいた様子。「あんまりしたことがなかったので、まだセンターになれてないのかもしれない」と最後まで無邪気に反省する彼女だった。
(文/坂戸希和美)

最終更新:7月20日(水)12時20分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。