ここから本文です

欅坂46、“サイマジョ再び”の新曲MV公開 早くも「神曲」の賛辞続々

オリコン 7月20日(水)16時56分配信

 アイドルグループ・欅坂46が20日、2ndシングル「世界には愛しかない」(8月10日発売)のカップリング曲「語るなら未来を…」のミュージックビデオ(MV)のフルバージョンをYouTubeで期間限定公開した。

【動画】欅坂46「語るなら未来を…」MV

 12日に公開された表題曲のMVが早くも150万再生に迫るなか、この日公開されたカップリング曲「語るなら未来を…」は、表題曲同様、選抜メンバー21人でパフォーマンス。振付は欅坂46のMVではおなじみとなった世界的ダンサー・TAKAHIRO(上野隆博)、監督は新宮良平氏が担当した。

 フル公開に先駆け、きのう19日午後9時からは動画配信サービス『SHOWROOM(ショールーム)』で緊急特番『欅坂46 2ndシングル カップリングMV観賞会』を実施。番組に出演した尾関梨香、織田奈那、佐藤詩織、志田愛佳、守屋茜の5人は、総合プロデューサーの秋元康氏が視聴していることがわかると「うそでしょ?」「どうしよう!」と動揺し、「こんばんは、欅坂46です!」と画面越しに大慌てであいさつした。

 メンバーはタイトルを発表するとともに、MVのメイキング映像を見ながら撮影の裏話を披露。志田は「ダンスがメインの曲で、欅坂46史上、一番激しいダンスになっています。すごくかっこいいです」とアピール。守屋は「『サイレントマジョリティー』をほうふつさせる曲」、佐藤は「サイマジョの再来」とYouTubeの再生回数が2000万回を突破したデビュー曲を引き合いに出し、視聴者の期待をあおった。

 センターの平手友梨奈は、番組に動画コメントを寄せ「今までで一番激しいダンスなので、21人でそろえるのは大変。でも、メンバー一人ひとりが自主練を重ねて、すごくかっこいい作品になっています。歌詞もタイトルもかっこいい。一番好きなフレーズは『もう失った人生なんて語るな』という部分。今まで以上にかっこいいんじゃないかなと思うので、よかったら見てください」と笑顔で呼びかけた。

 視聴者がのべ4万人を突破したため、番組の最後には一部だけ公開予定だったMVをフルサイズで配信。きょう正午からはYouTubeでのフル配信もスタートし、SNS上では「かっこよすぎ! 神曲!」「カップリングとは思えないレベル」「いやもうこれ表題曲でしょ」「鳥肌やばい」と賛辞が相次いでいる。

最終更新:7月24日(日)5時51分

オリコン