ここから本文です

風間俊介、NHKリオパラリンピック現地リポーターに「責任ひしひし」

オリコン 7月20日(水)21時8分配信

 NHKは20日、日本時間で9月8日に開幕するリオデジャネイロパラリンピックの放送計画を発表するとともに、放送に携わるキャスター陣を発表。有働由美子アナウンサーが現地から開会式を担当するほか、俳優の風間俊介が期間中、毎日放送されるハイライト番組『パラリンピックタイム』(午後10時台)の現地リポーターを務めることになった。

『パラリンピックタイム』を担当する久保田祐佳アナウンサー

 風間は昨年、カタールで開かれた障害者陸上の世界選手権を取材するなど、障害者スポーツやアスリートにも関心を寄せており、「NHK現地リポーターとして、リオパラリンピックに行くことができることをとても光栄であると同時に責任もひしひしと感じております」とコメント。

 続けて「自分の役割は競技を中心としたアスリートの方たちの輝く瞬間を余すところなく、皆さまに伝えることだと思っております。そして伝えることで、パラリンピックの魅力を一人でも多くの方たちに感じていただけるように精一杯、努めていきたいです」と意気込んでいる。

 有働アナはオリンピックの開会式を担当したことはあるが、パラリンピックの開会式を現地から伝えるのは初めて。有働アナが担当している朝の生活情報番組『あさイチ』への出演がどうなるかは現時点で未定となっている。

 開会式を有働アナと共に伝え、大会期間中、早朝の時間帯を担当するのは、中野淳アナウンサー。東京のスタジオで『パラリンピックタイム』を担当する久保田祐佳アナウンサー(初日のみ杉浦友紀アナウンサーが担当)。閉会式や大会期間中、選手へのインタビューは山田賢治アナウンサーが担当する。

最終更新:7月20日(水)21時8分

オリコン