ここから本文です

地場産野菜や抹茶ビール人気 健康志向にも対応 猛暑で注目ビアガーデン

日本農業新聞 7/20(水) 12:01配信

 猛暑予想のこの夏、ビアガーデンが注目されている。中でも他店との差別化を図ろうと、目を付けたのが農産物などの“脇役”だ。創業半世紀を超え、初めてビアガーデンを展開する老舗百貨店は、マルシェを意識した店づくりで、客を呼び込む。民間会社の調査によると、メニューの充実に人気店舗が呼応。幅広い種類の農産物がメニュー強化に一役買っている。

 創業58周年を迎える、横浜高島屋(横浜市)は今年初めて、ビアガーデンを展開する。売りはビールのお供となる地場産の野菜だ。

 トマトやキュウリ、カボチャなど10種類を常時そろえる。全ての野菜に生産者の名前や顔写真が添えられる。顔の見える野菜が、涼を求める客に大人気だ。一押しはキュウリ。辛みのあるもろみマヨネーズが、ビールの苦みにぴったり合う。

 同市から訪れた藤田雅之さん(22)は「野菜が新鮮で、居酒屋よりも圧倒的においしい」と話す。

 入場時に野菜を交換するために専用のチケットが用意される。入場料は大人が3900円、小・中学生が2900円。客は気に入った野菜を手にする。専用のホームページ(HP)も作成し、PRを強化。平日は午後7時をピークにサラリーマンや60歳以上の夫婦が多いが、週末になると家族連れや若者の姿が目立つ。「後発なのでいろいろな野菜をそろえて、年齢・性別に関係なく楽しめるようにした」と同社は話す。

 宿泊施設やレストランを運営する龍名館(東京都千代田区)は茶を使ったビールやピザをビアガーデンで提供する。「抹茶ビール」や「ほうじ茶黒ビール」など9種類のビールが2時間飲み放題で3800円。食べ物は抹茶をバジルに見立てたピザやポテトサラダなど19種類を用意する。

 売れ筋は緑色の見た目が人気の「抹茶ビール」と「抹茶ポテトサラダ」。「お客がほぼ間違いなく頼んでいく2品」という。健康志向の女性客が多く、1日に50~100人が訪れる。

 広報担当は「緑色のビールは視覚的にもインパクトがあるので人気だ」と分析する。

 栄養素の高いミドリムシ「ユーグレナ」を生産・販売するユーグレナ(東京都港区)は、東急百貨店吉祥寺店(武蔵野市)でビアガーデンを展開。人気なのは「ユーグレナ」とビール、リキュール「ブルーキュラソー」を組み合わせた緑色の「ユーグレナビア」(700円)。他にもソーセージ(1200円)やシーザーサラダ(900円)、タコライス(1000円)など13種類の食べ物と7種類の飲み物に、ユーグレナを使う。

 キリン(東京都中野区)の調査では、「行ってみたいと思うビアガーデン」は「お酒に合うフードメニューが充実している」が70.3%でトップ。「ビアガーデンで食べたいメニュー」は「ご当地料理や食材を使った料理」が前年を上回る41.8%だった。同社は「会社員だけでなく、プライベートでわいわい楽しみたい人が増えているため、食事や酒の種類が豊富な店舗を求める傾向にある」と分析する。

日本農業新聞

最終更新:7/20(水) 12:01

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。