ここから本文です

永島勝司 ゴマシオ編集長のつぶやき 二十六言目『中嶋勝彦は俺が長州と旗揚げしたWJプロレスの超新星』

バトル・ニュース 7/20(水) 15:29配信 (有料記事)

 新日本プロレスの「G1クライマックス」が18日(札幌)からスタートした。俺が最も注目しているのはBブロックに初出場している中島勝彦だ。ノアからの異例の抜擢とも言える出場だが、果たして新日本プロ勢の一線級相手にどこまで闘えるか?ではなく、どんな金星を挙げるかに俺は期待している。
 中島は2002年、俺が長州と旗揚げしたWJプロレスに本文:1,659文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7/20(水) 15:29

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています