ここから本文です

中国中央政府駐マカオ連絡弁公室主任に王志民氏

マカオ新聞 7月20日(水)12時31分配信

 中国中央政府のマカオ出先機関にあたる中央人民政府駐マカオ特別行政区連絡弁公室(中連弁)は7月19日、公式ホームページ上で近日国務院が王志民(Wang Zhiming)氏を中央人民政府駐マカオ特別行政区連絡弁公室の主任に任命したことを明らかにした。

 王志民氏は1957年生まれ、本籍は福建省仙游。福建師範大学法学部卒業後、大学院に進み、経済学博士号を取得。福建省委弁公庁、新華社香港支社、アモイ市人民政府、福建イミグレーション検疫局、中央政府駐香港連絡オフィス等の部門を経て、昨年(2015年)4月から国務院香港マカオ事務弁公室の副主任を務めていた。

 中国新華社通信の報道によれば、前任者の李剛(Li Gang)氏は国務院僑務弁公室副主任(正部長級)に任命されたとのこと。

最終更新:7月20日(水)12時31分

マカオ新聞