ここから本文です

甘~い「山崎の桃」販売始まる

両丹日日新聞 7月20日(水)8時0分配信

 桃の産地、京都府福知山市山崎地区で収穫が始まった。近くの直売所は、みずみずしい白鳳系の品種が中心に並べられ、市民が次々に訪れて買い求めている。

 今年は例年より開花が1週間早く、実がなるのも早かったという。収穫は8月10日ごろまでの見通し。

 桃は1キロ入りの箱詰めが1500円。4・5キロ入りの5千円まで用意している。ほかにも、小ぶりの桃が4つ入った500円のパックなどもある。25日ごろから「なつおとめ」、8月5日ごろから「清水白桃」が中心となる。

 山崎桃生産組合の田辺克組合長は「今年は雨が多く、核割れなどの病気が少し出ましたが、十分な甘みになっています」という。

 問い合わせは、電話0773(22)8218、または携帯電話090・8217・1863の田辺さんへ。

両丹日日新聞社

最終更新:7月20日(水)8時0分

両丹日日新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。